スポンサーリンク

シェアする

【Morning of one day】~早起きは〇〇の得♡


【Morning of one day】~早起きは〇〇の得♡

 【Morning of one day】~早起きは〇〇の得♡  

sunrise_01今朝はめずらしく、朝4時に目が覚めてしまった。

鳥の鳴き声と同時に目が覚めてしまう事が時々ある。

しかし、

よくよく考えてみると昨日寝たのは夜の21時頃だったというのを、

起きてから思い出した。

すると、考えてみれば7時間寝ていたという事になる。

「うーん。意外とよく眠れたのかもしれない。」

それにしても朝早く起きるというのが、

こんなに気持ちの良いものだとは知らなかった。

まずは部屋のカーテンを開け、

まだ薄明るい外の光を入れながら今もこの原稿を書いている。

スポンサーリンク

coffee_cupさて「まずは、コーヒーでも1杯飲もう。」

と思いながら、

思いついた事をつらつらとパソコンに向かって、

キーボードを叩いている。

「やっぱり。早起きって良いな~。」

と、そうこうしているうちに。

外もだんだんと明るくなってくるのが早い事に気づく。

ふと置時計を見てみると、既に朝5時になっていた。

温度計も付いていたので、26度しかまだ無い事に気づいた。

6月半ばにしては、とても快適な温度だ。

flower_juneエアコンなど入れなくても、窓から入ってくる空気だけで十分だ。

こんなにも快適に過ごせるとは。

何よりも一番驚いたのは、思った事が次々と文章で書けることだった。

正直、自分が一番驚いている。

今までに朝起きてすぐに、思いついた事を文章に書くなどということは、

一度もした事が無かったからだ。

なので、とても不思議な気分がするのと同時に、とても新鮮な感覚でもあった。

「やっぱり早起きって、良いな~」

と、つくづく思ってしまった。

keyboard_01昔からよく、「早起きは三文の得」と言うが、

まさにこの事を言うのだろうか。

何気なく思いのままに文章を書くことが、

こんなにも楽しいとは思いもしなかったからだ。

なんだか、とても得した気分です。

と、あれこれ書いたところで、他の家族も起きてきた事に気づいた。

時計を見ると、すでに朝の5時半だった。

そして、

ここまで書いたところで急にタイピングが止まってしまった。

「うーん。いったい何だったのだろう。」

「何を書いていたのだ。自分は。」

そうか。

昨晩早く寝たせいで、早朝に目覚めて、

思った事をただ書いているだけだった。

あー。

お腹すいたな~、何か食べよう。

と、ここで執筆をやめることにした。

(6月半ばの、とある朝の出来事でした。)

終わり。

>> 「自由生活情報サイト!コスパるTiME」TOPへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る