スポンサーリンク

シェアする

初心者必見!ギターの種類と選び方


初心者必見!【ギター】の種類と選び方♥

初心者必見!ギターの種類と選び方

◆「ギターを始めてみたいけど、どんな種類のギターが有り、

何を基準にどう選んだら良いのか分からない」という方の為に、

外観や音色の特徴などを分かりやすく解説していきたいと思います。

まずは最初に、ギターを大きく2種類に分けてご説明させて頂きます。

スポンサーリンク

「アンプラグド・ギター」と「エレキギター」

◆電気を使用せずにそのまま生演奏で弾く「アンプラグド・ギター」と、

電気を使用して増幅した音をスピーカーで鳴らして弾く、「エレキギター」の2種類があります。

そして、電気を使用しないギターとは、

アコースティックギター」や「クラシックギター」等のことで、

電気を使わない楽器全体の事を俗に、「アンプラグド」と言うことがあります。

◆用語:【アンプラグド】(英:Unpluged) とは、

「プラグ(栓)が接続されていない」という意味で、

つまり、「楽器やスピーカーに繋ぐケーブルプラグが接続されていない」

という事です。

※今回はあえて、ご説明の為に「アンプラグド・ギター」と呼ばせて頂きました。

一方、

◆「エレキギター」は電気(=電源)を使用して、様々なサウンドを出す事が可能です。

特徴はアンプ(増幅器)を使用してスピーカーから大小の音が出せるのは勿論のこと、

エフェクター(音色を変化させる機器)を途中に接続することで、

electric-guitar-02色々なサウンドを自由に奏でることができます。

それでは実際に、

それぞれのギターの特徴について、見ていきましょう。

「ギター」の種類 

アコースティックギター(アンプラグド)

ボディーは「スプルース」等の木素材から造られており、

重量は一般的に非常に軽く、

カラーリングも木目をそのまま表面にデザインされたものが多いです。

acorstic_guitar

ネック(首)」には「スチール弦」が張られており、

音は歌謡曲やポップロック等、あらゆるジャンルで演奏されています。

クラシックギター(アンプラグド)

名前の通り「クラシック音楽」で使用されている他、

ラテン音楽」等でもよく使用されます。

classic_guitar

ネックには「ナイロン弦」や「ガット弦」が張られており、

音はスチール弦と比較すると、やわらかい音に感じられます。

>> 次は、【エレキギター】の種類を、順に見ていきましょう。

エレクトリック・アコースティックギター(通称:エレアコ)

アンプラグドのアコースティックギターに、

電源を使用して増幅させる「ピックアップ(増幅器)」を内蔵したギターです。

ele_aco

ネックにはスチール弦が張られており、こちらも歌謡曲やポップロック等、

あらゆるジャンルで演奏されます。

特徴的なのは、

ボディー素材の響きを重視するアンプラグド・ギターと比べてみると、

本体の素材もプラスチック製で、ネックの根元の部分が削られた形のものも多く、

カラーリングも少し個性的な色のものが多いです。

ストラトキャスター Stratocaster

外観・重量的にも非常に持ち回りやすく、

サウンド的にも非常にバランスの取れたギターです。

Stratocaster

システム構造は「シングルコイル」の「ピックアップ」を3つ搭載したものや、

ハムバッカー」と組み合わせた物など、色々なタイプがあります。

総合的にあらゆるジャンルで、クセの無い演奏が可能なのが特徴です。

用語:【シングルコイル】とは エレクトリックギターに使用されるパーツで、1重のコイルで巻かれているピックアップのこと。

用語:【ピックアップ】とは 弦の振動音を拾って、電気信号に変換するパーツのこと。

用語:【ハムバッカー】とは シングルコイルのピックアップを、2個並べたピックアップのこと。

テレキャスター Telecaster

ストラトキャスターと並んで非常に持ちやすく、

外観的にも「レトロ感」のあるスッキリとしたボディーが特徴です。

telecaster

奏でるサウンドは鋭く歯切れの良い音を出すことができ、

その構造は「ボルトオン・ネック」という方式で造られています。

※用語:【ボルトオン・ネック】とは ボディーとネックを、ボルトで繋いで固定する方法のこと。

レスポール Les Paul

ギターメーカーの「ギブソン社」が1952より製造販売している、

エレキギターを代表する世界的に有名なモデルのひとつです。

les_paul_guitar

特徴はボディー部分の木素材が独自の構造で造られており、

本体重量も他のギターと比べてやや重く感じます。

les_paul_01

その分、音もパワフルで重厚な音を出す事が可能で、

ポップな「バラード」から「ハードロック」や「ヘヴィーメタル」等、

幅広いジャンルで演奏されています。

それと第二の特徴でもある、

ハムバッカー(ダブルコイル)」と呼ばれるピックアップを搭載している事が、

レスポールがパワフルで重厚な音を出せる理由でもあります。

SG(Solid Guitar)

SG」とはソリッドギター(Solid Guitar)の略で、

ボディーの空洞の無いギターの事を言います。

sg_guitar

特徴は上下均等に張り出した、角のような形がとても印象的で、

ボディーの厚みはレスポールよりも薄く軽く造られており、

ステージなのでも持ち回りの良いギターです。

そして、サウンドはレスポールに並んで、

音抜けの良い厚みのあるパワフルな音が出せます。

フルアコースティック Full Acorstic

ボディーの構造がアコースティックの様に、

完全に空洞になっているのが、フルアコースティック(エレキギター)です。

そして、外観的に非常に存在感のあるギターで、

高級感あふれるデザインになっています。

full_acorstic

演奏ジャンルは「ロカビリー」や「カントリー」等で演奏され、

コード演奏でも非常にクリアーで美しい響きの出せるギターです。

セミアコースティック Semi Acorstic

フルアコースティックと比べて厚みも薄く、

内部空洞が少ないのが特徴です。

semi_acorstic

空洞が少ない分「ハウリング」が起こりにくく、

ブルース」や「ジャズ」といったジャンルで演奏される事が多いです。

変型ギター(フライングV、ファイヤーバード等)

文字通り、形の変わったギターの事です。

変型ギターの代表としては、Vの形をした「フライングV」や、

ファイヤーバード」といったタイプがあります。

flyinf_v

その他にもコウモリのような形をしたものや、様々な形のギターがありますが、

そのサウンドは低高域ともに重厚で派手な音を出せる物が多く、

ハードロック」や「ヘヴィーメタル」などで演奏される事が多いです。

「ギターの選び方」まとめ 

さて、

◆色々な種類のギターについてご説明させていただきましたが、

ますます迷ってしまった、という方も多いかもしれませんね。

そこで、

あなたが演奏したいジャンルに合ったギターを選ぶ方法を、

今回は特別にお教えします。

それは、あなたが好きなミュージシャンやバンドが、

実際に使用しているギターを選ぶという方法です。

そして、

そのギターのメーカーやタイプが分かりさえすれば、

実際に楽器屋さんで弾いて聴かせてもらうのも良いでしょう。

但し、

プロミュージシャンの使用しているギターは、特注品という事も多いので、

今回の記事を参考にして、タイプを見分ける必要があるかもしれません。

さて、

今回は「ギターの種類」と「選び方」についてお話させて頂きましたが、

いかがでしたでしょうか?

次回はまた、

実際の演奏方法などについて、お伝えしていきたいと思います。

>> 「自由生活情報サイト!コスパるTiME」TOPへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る