スポンサーリンク

シェアする

【可愛い】猫に学ぶ!世界で一番幸せな生き方


ネコに学ぶ【世界で一番幸せな生き方】

【可愛い】猫に学ぶ!世界で一番幸せな生き方

icon4newpink発表!ついにYoutube動画【可愛い】ネコに学ぶ!世界で一番幸せな生き方♥(感動実話)」が完成しました。

この動画は、かつて私が実際に飼っていた、幸せな猫の物語です

本編の第1章~第5章(最終章)まで「」と「」の生き方について全て語っています。◆あなたも、この動画を見れば、ネコに学んで幸せ」になれますよ。

当ページで掲載している実話記事の「Youtube版」です。ぜひ観て下さい!

スポンサーリンク

【可愛い】ネコに学ぶ!世界で一番幸せな生き方♥(感動実話)Most happiest cat! Learn from the cat【HD】Youtubetext014_07

cat_01※「映像と音声」が同時に流れますので、ボリューム音量にご注意ください。

※再生終了後に ring_arrow_right を押すと「もう一回見る」事が出来ます。

◆ 今回のテーマは「ネコに学ぶ」お話しです。neko_00

さて、皆さんは犬と猫どちらが好きでしょうか?

私は以前、犬も猫も飼っていた事がありまして、

実は、両方とも好きなのです。

「・・・・・」

◆ それでも、犬と猫の違うところって、

意外とたくさん有るとお思いになりませんか?

今回は、そんな猫達の暮らしぶりから学べる事について、

一緒に考えてみたいと思います。

我が家にネコがやって来た! 

cat_02実は、

◆ 以前に飼っていた猫達というのは、

どの仔も、

いつのまにか野良猫がなついてしまいまして、

家の庭に勝手に居着いてしまった猫達が、

ほとんどだったのです。

そして、そんな猫達の中で、

唯一家の中にまで一緒に暮らした猫が、

シャム系ミックスの、

その名も「シャム子ちゃん」

という仔がいたのです。

まさに単純と言いますか、

名前がそのまんまですね。

当時、

◆ 庭にやって来ては可愛さのあまり、

エサをあげては、またどこかへ帰って行く。

そんなネコの暮らしぶりを、

当たり前のように思っていました。

しかし思ってみれば、

「お腹がすいた頃にやって来て、

そして用事が済んだら居なくなる。」

「ネコって自由奔放で、良いなー・・・。」などと思いながら、

いつのまにか家の中にまで上がり込むようになった「シャムちゃん」。

「この仔、今までのネコとちょっと違うよね。」

「帰るところ、無いのかな・・。」

いつもご飯をあげているから、

ただ懐いただけなのでは・・。

当然そうとも思えるのですが、

きっと何か理由が有るに違いない。

いあ、そう思いたかった。

◆ やはりネコも、

必要とされる人の所へ、

自然と集まって来るのかもしれません。

逆の言い方をしてみれば、

必要としない人の家の中までは、

上がり込む事は無かったと思います。

つまり、

お互いに必要としているからこそ、

一緒に暮らしていたのだと、

そんな気がします。

ご主人様「はい、どうぞ」!? 

そして、

◆ かなり月日が過ぎたある日の出来事です。

cat_03突然、

ネコが何かを咥えて家の中に戻って来ました。

よく見てみると、

なんとそれは「小スズメ」でした。

「・・・・・」

「食べる気も無いのに、遊んで捕まえて来て可愛そうに・・。」

そう思い、

その時つい叱ってしまった事を、

今ではとても後悔しています。

◆ 当時の私は、

ネコの習性について、

ほとんど何も知らない様な状態で、

その理由が分かったのは、

かなり後になってからの事なのです。

実は、

ネコが獲物を捕まえて家に持ってくる理由には、

「母猫が仔猫にエサを持って帰る」という、

ネコの習性があるそうです。

いつもお世話になっている飼い主への愛情表現で、

捕まえてくると言う人もいます。

今思えばメス猫でしたし、

やはりそうだったのだと思います。

いつでも、どこでも眠れます 

cat_04さて、

◆ そんなある日また、

ネコが猛ダッシュで庭を走り回っているのを見かけました。

庭木をすり抜けたり、

塀の上を往復して走り周ったり、

元気に何かを追いかけているようにも見えました。

しかし、よく見てみると、

どうも1匹だけで遊んでいたようで、

まるで、

遊び相手がいないストレスを発散するかのように、

飛び回っていました。

その当時、

シャムちゃんもとても若かったので、

「まだまだ子供だな…」などと私も思いながら。。

(人の事は言えませんが・・。)

気付いた時には、

いつのまにかソファーで寝ているような始末で。

「・・・・・」

◆ こいつ、

とことんマイペースだけど、

憎めないヤツだな、

などと思っていました。

しかしまた、

そうかと思えば、

ある時は太陽の当たる日差しと合わせて、

寝る場所を移動してみたり、また寝てみたりだとか、

考えている事が、

丸分かりで可愛かったりもしました。

そんなネコの得意技は「いつでもどこでも眠れる事。」

なんともタフと言いますか、好きにやりたい放題ですね。

ですが、

そんな猫の生活ぶりを見て羨ましく思えてしまうのは、

私だけでしょうか。

私が自然に普段の生活という時間から、

解放されたいと思っていたからかもしれません。

しかし、

でもここで1つだけ考えてみてください。

もしも仮に、

この仔が野良ネコのままだったら、

どうだったでしょうか。

きっと、

◆ エサ探しに毎日が明け暮れて、

寝るところさえ、

ままならなかったでしょう。

ですから、

そんな生活をせずに人と暮らしている猫は、

かなり幸せだとお思いになりませんか?

ご飯にも困らず、

寝る場所にも困らないのは当然ですが、

人と猫のお互いにとってみても、

心の拠り所になっているという事が、

とても重要だと私は思います。

人も猫も当然生き物ですから、

感情もありますし、

間違えることもあるでしょう。

しかし、

だからこそお互いの信頼関係が必要ですし、

まさに家族とも言える存在、ということです。

家族の絆

cat_05ところで、

◆ 「家族の絆」という言葉をよく聞いたりしますが、

みなさんは「家族」って一体何だとお思いになりますか?

ある辞書には、このような事が書いてあります。

「夫婦とその血縁関係者を中心に構成される、

共同生活の単位となる集団のこと。」

「・・・・・」

いあ、そういう事ではなく。

「家族」が何かというのは、

人の永遠のテーマとも言えますが、

あえて今回はこの話題に触れてみたいと思います。

まず、

◆ 家族というものは人が生きていく上でも、

絶対に欠かせないものだと私は思っています。

何故なら、

子供は生まれてすぐに親の世話になり、

1人では生きていけない状態であるからです。

そして、

成長と同時に身体も大きくなるにつれて、

やっと自分の事が1人で出来るようになってきます。

それから、

結婚をして子供を産んで家族になり、

また、

次の世代へ思いを受けて引き継いで行く。

それが家族だと思っています。

つまり、

人類が繰り返してきた時間の輪廻(りんね)の中に、

今の私達がいて、それが「家族」という事です。

それと、

◆ 「人生一度きり」これも俗によく聞く言葉ですが、

私自身、

ときどき不安になる事がありました。

「本当に、今のままで良いのだろうか」

「自分は何の為に生きているのだろうか」

やはり、

それの答えも家族の中にあると思います。

◆ 家族の為に生まれて、家族の為に死んでいく。

それが人の家族の人生だと私は思います。

ここで家族というのは、「親」の事でもあり「子供」の事でもあります。

親は子供の為に働いて育て、

そして子供が大人になって育ててくれた親に恩返しをする。

それが可能なのも家族だけだと思いますし、

決して他人には出来ない事だと思っています。

◆ 昔、中国の有名な偉人で孔子(こうし)という人の言葉に、

こんな論語が有ります。

子曰く「吾、十有五にして学に志し、三十にして立ち、

四十にして惑わず、五十にして天命を知る・・」

孔子は言いました。

「私は15歳で学問を志し、30歳で自身がつき、

40歳で惑いがなくなり、50歳で天の使命を理解出来るようになりました」

という意味です。

つまり、

孔子でさえ天の使命が分かるようになったのが、

50歳になってからという事ですから、

生まれてきた意味を自分自身で悟るという事が、

どれほど難しい事なのかということです。

少し、話題がそれてしまいましたが、

実は今回、私が猫について記事を書いているのも、

今だからこそ気づいた事があったからです。

それはシャムちゃんと一緒に、過ごした時の意味と証を残したい。

そう思ったからです。

そんなシャムちゃんが亡くなってから既に、十数年になります。

輪廻転生

cat_06最後になりましたが、

ネコに学んだこと。

それは、

ネコ生き方は、

◆自由奔放 で、

◆愛情たっぷり で、

◆とことんマイペース で、

◆いつでも、どこでも眠れます。

そんな生き方も、とても良いかもしれませんね。

そして、シャムちゃんにとっては、

世界で一番幸せな生き方だったと私は信じています。

my_dearest_cat_2004-10-26-color

ソファーの座布団で眠たそうにしているシャム子ちゃん

私はロマンチストとかではないですよ。

ただ今回、証を伝えたいので、

ここに書いておきます。

唯一残っていた、昔の写真と共に。

天国のシャム子ちゃんへ

Written by kozi

>> 「趣味・生活・文化」TOPへ

>> 「自由生活情報サイト!コスパるTiME」TOPへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る